サーバーの仕組みや利点

ビールサーバーで飲むビールは本当に美味しいですね。
夏になるとバーベキューや海水浴でビールサーバーの季節とも
言えるでしょう。
レンタルでサーバーを借りたりしてパーティに行きたいですね。

●ビールサーバーの仕組みについて
一般的なサーバーの仕組みについて簡単に説明します。
まず、炭酸ガスの圧力を密閉されたビア樽にかけます。そして炭酸ガスの圧力で、
中のビールは樽内部のパイプを通り、サーバーに送り込まれます。
ビールはサーバー内部の細いパイプを通ります。そのパイプが冷却されて
いるのでビールも冷やされます。
外のバルブを開くことによって、ビールが出るようになります。

ビールサーバーには、ビールの量が減っても気が抜けないという事と、
最後の一滴までまで冷たいビールが飲める事、樽内部のビールが酸化しない事
の3点が利点として挙げられます。

ビールサーバーのレンタルには、近くの酒屋さんなどでも気軽に
レンタルできます。店員さんに問い合わせてみると良いでしょう。
ちなみに国内での業務用ビールサーバーの大手は、ホシザキ電機のサーバーです。
なんとシェア率は75%!
キリンなどのメーカーでは手軽に家庭で楽しめるビールサーバーの販売も
やっていますので、ビール好きな人は購入するのも良いでしょう。
でも出来れば、ちょっと高級な居酒屋やビアガーデンなどで、
ビール名人の手で注がれる生ビールを飲んでみたいですね。
なんでも生ビールは注ぎ方によって大分ビールの味にも差が出るようです。

麒麟(キリンビール)の樽生専用サーバー

ビールサーバーといえば夏になると大活躍します。
生ビールが好きな人は一年中ビールサーバーが必要ですね。
バーベキューなどには、サーバーをレンタルして生ビールを
楽しみたいですね。

サーバーではホシザキのビールサーバーが有名なようですが、
酒屋などのリカーショップでは、キリンビールの樽生サーバーが有名です。
こちらはレンタルでなく家庭用として販売しています。
東京から全国各地まで購入できますよ。
正式名称は『キリン樽生一番絞り専用サーバー』





では、商品説明です。
<樽生>方式一番搾りは、「ジョッキ生」の美味しさを
ご家庭でお手軽に楽しめる、キリンの新提案です。
工場からお店までのクール配送で鮮度が保たれた生ビールを
クリーミーな泡付けができるサーバーから注ぐ。
しかもそれが、冷蔵庫から飲みたい時に飲みたいだけ楽しめる。
そんな夢のような生ビール生活が実現できるようになりました。
ご家庭でも本格的な生ビールを楽しみたい方に!
これからは、<樽生>方式一番搾りです。
出典:KIRIN HP

いや〜、この説明文を読んでるだけでもビールが飲みたく
なりますね(*^^*)
この樽生専用サーバーは画期的なシステムで発売から
大人気のようです。
ポイントはビールを工場からクール配送しているってこと
ですかね!鮮度が保たれた美味しいビールをサーバーで
飲み干す!
ビール好きにとってはたまらないビールサーバーです(^^)

ビアサーバー使用時の注意点

ビールサーバーといえば生ビール!
バーベキューや海水浴ではビールサーバーのレンタルは
欠かせませんね。
居酒屋などでは業務用のビールサーバーが必ず置いてあります。
居酒屋で飲む生ビールはあまりにも美味しいので、自宅にも
ビールサーバーが欲しいくらいです。
販売用のビールサーバーはどれくらいの値段なんですかね?
もしおこずかいで購入できるようだったら、ぜひとも自宅に
自分専用のビールサーバーを置きたいです。

あと、バーベキューなどでビールサーバーをレンタルした時は、
使用後に洗浄するのを忘れないで下さいね。
レンタルするには近くの酒屋などに行くと必ずありますので、
店員さんに気軽に聞いてみるとよいでしょう。
保証金として5000円くらいかかりますが、レンタル料金自体は
そんなにかかりませんので利用するとよいでしょう。

ビールサーバーをレンタルする時の注意点としては、途中でガスが
切れるときがありますので、予備としてガスを一本多く持って
行くのを忘れないようにしましょう。
ガスがなければ、せっかくのビールサーバーも使い物にならない
ですからね。
おすすめのメーカーはホシザキ電機が一番評判です。
スーパードライでも一番搾りも黒ラベルでもおいしいビールは、
やっぱりサーバーを使って飲むのが一番です!

美味しいビールの注ぎ方とは?

ビールサーバーはレンタルの物はバーベキューなどで必需品です。
おいしい生ビールを飲むにはビールサーバーが欠かせませんね。
東京の人も河原や海に行く時は生ビールサーバーを持って
いきましょうね(^^)
サーバーはレンタルだけでなく、販売用や業務用の
ビールサーバーもあります。
サーバーで有名なメーカーはホシザキ電器。
なんと国内のシェア75%ほ誇ります。

サーバーを使って飲む生ビールの味は格別です。
アサヒのスーパードライやキリンの一番搾り、サッポロの
黒ラベルなどの美味しいビールは家庭でもビールサーバーで
飲みたいですね。
ところで美味しいビールの注ぎ方ってご存知ですか?
@始めにグラスを立てて、ゆっくり注ぎます。
Aそこからから離した状態で1/3くらい一気に注いで泡立てます。
Bその泡が落ち着いてきたところでグラスを傾けて注ぎます。
C最後は泡を持ち上げるようにゆっくりと注いで完成です。
夏はビールの季節です。
風呂上りにキュッと一杯飲むビールは格別ですよ!
そんな時に生ビールをビールサーバーで飲みたいですね。
個人的にはアサヒのスーパードライもいいですが、キリンの一番搾りの苦みが結構好きです。
あと、バドワイザーやコロナ、ハイネケン、ミラーなどの外国の
ビールもライトな味で好きですよ。
マニアックな所では、ヌードビールや銀河高原ビールなんてのもありましたね。

ホシザキ電機のビアサーバーとは?

ビールサーバー使ったことありますか?
生ビールを飲むならやっぱり生ビールサーバーが一番!
サーバーはレンタルや業務用、販売用、家庭用など色々あります。
東京だけでなく全国各地で利用できますので是非利用したいですね。

ビールサーバーで有名なのは、ホシザキ電機。
ビールサーバーの最大手です。ここのビールサーバーなら
アサヒやキリン、サッポロ、エビス、日本ビールなどドコの
ビールでも美味しく飲めますよ(^^)

・ホシザキ電機
ホシザキ電機株式会社(HOSHIZAKI ELECTRIC CO., LTD.)とは、
全自動製氷機を中心に厨房機器を製造販売している日本の業務用厨房機器メーカーである。業務内容は、全自動製氷機(マーケットシェア70%)、
業務用冷蔵庫(マーケットシェア50%)、食器洗浄機(マーケットシェア46%)、
ビールサーバー(マーケットシェア75%)等、各種厨房、飲食、鮮度管理に関わる機器の他、電解水生成装置をはじめとして農業、医療、福祉などに関わる分野の製品を開発、製造、販売、サービスを行っている。
海外では、アメリカ、オランダ、イギリス、シンガポール、中国に現地法人を有する。
アメリカ、イギリスに工場、8ヶ国に販売拠点を有する。米国ランサー社を2006年に買収。

子会社として、日本国内に15の販社と約450の営業所がある。
営業マンが足を使って訪問販売に走る、いわば人海戦術で販売し続けるのが、ホシザキの営業スタイルである。
なお同社の製氷機はトップクラスの製品が多い。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ホシザキ電器の日本国内でのビールサーバーのシェア率って75%もあるんですね!
やっぱりホシザキのビールサーバーで飲む生ビールは美味しい訳です。
夏になると、バーベキューや花火大会、海水浴やスイカ割り、パーティなどビールサーバーが大活躍しますね(^^)