サーバーの仕組みや利点

ビールサーバーで飲むビールは本当に美味しいですね。
夏になるとバーベキューや海水浴でビールサーバーの季節とも
言えるでしょう。
レンタルでサーバーを借りたりしてパーティに行きたいですね。

●ビールサーバーの仕組みについて
一般的なサーバーの仕組みについて簡単に説明します。
まず、炭酸ガスの圧力を密閉されたビア樽にかけます。そして炭酸ガスの圧力で、
中のビールは樽内部のパイプを通り、サーバーに送り込まれます。
ビールはサーバー内部の細いパイプを通ります。そのパイプが冷却されて
いるのでビールも冷やされます。
外のバルブを開くことによって、ビールが出るようになります。

ビールサーバーには、ビールの量が減っても気が抜けないという事と、
最後の一滴までまで冷たいビールが飲める事、樽内部のビールが酸化しない事
の3点が利点として挙げられます。

ビールサーバーのレンタルには、近くの酒屋さんなどでも気軽に
レンタルできます。店員さんに問い合わせてみると良いでしょう。
ちなみに国内での業務用ビールサーバーの大手は、ホシザキ電機のサーバーです。
なんとシェア率は75%!
キリンなどのメーカーでは手軽に家庭で楽しめるビールサーバーの販売も
やっていますので、ビール好きな人は購入するのも良いでしょう。
でも出来れば、ちょっと高級な居酒屋やビアガーデンなどで、
ビール名人の手で注がれる生ビールを飲んでみたいですね。
なんでも生ビールは注ぎ方によって大分ビールの味にも差が出るようです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4356216

この記事へのトラックバック